ハッカーが顧客のクレジットカード情報を窃取(Bibliofind.com) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.23(月)

ハッカーが顧客のクレジットカード情報を窃取(Bibliofind.com)

国際 海外情報

 情報筋によると、Amazon.comの子会社Bibliofind.comは3月5日、クレジットカード情報などを含む同社の顧客データがハッカーに盗まれたことを認めた。ハッカーは、2000年10月から2001年2月にかけて同社のコンピュータ・システムに不正侵入し顧客データにアクセスした。約9万8000人の顧客が被害に遭ったと見られている。

 古本・稀覯本をオンラインで販売するBibliofind.comは、1999年にシアトルに拠点を置くAmazon.comに買収された。Bibliofind.comは、今回のハッキング事件を連邦捜査局(FBI)に通報し、クレジットカード会社にも連絡したと述べている。今のところ、クレジットカードが不正使用されたという届け出はない。しかし、今後、顧客データが窃取される危険性を避けるため、同社は全顧客のクレジットカード番号、住所、電話番号をサーバから削除した。
 3月2日の事件発覚後、サイトはサービスを一時停止していたが、5日には通常通りのサービスに戻った。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×