サイバー犯罪捜査官養成学校、同窓生同士の通信にPKIを導入(米国防総省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.18(土)

サイバー犯罪捜査官養成学校、同窓生同士の通信にPKIを導入(米国防総省)

国際 海外情報

 米国防省総省がメリーランド州に開設したサイバー犯罪捜査官養成学校(DCITP)のコンピュータ・システムにPKI(公開鍵インフラ)が構築され、同校の生徒や卒業生はプライベートなウェブサイトを介して安全な通信が行えるようになった。

 DCITPの事務局長Greg Redfern氏によると、2月初旬生徒たちにバー・コードや磁気ストリップ、埋め込みチップなどの機能を搭載したスマートカード『Common access Card』を配布した。生徒たちは、同カードを各々のPCカード・リーダーに入れて、DCITPのプライベート・サイトにアクセスする。アクセスした後は、生徒同士や卒業生とのチャット、コース更新情報の入手、スレッド化された議論などが行える。ユーザがどんなドメインからでもアクセスできるよう、同サイトのアドレスは.milではなく.govとなっている。そのため、同サイトの全データは重要であるが、機密指定外もしくはそれ以下に分類されているという。「アクセスは重要な問題だ。理由は、DCITPに関わる地方や州の捜査官たちが、自宅のPCから商業用ISPを介して同サイトへのアクセスを望むからだ」と同氏は説明した。128ビットの暗号技術を提供するSymantec社のセキュリティ製品『Raptor Firewalls』が同システムを保護しており、Secure Sockets LayerリンクがDCITPのウェブサイトの伝送を暗号化している。

 過去18ヶ月間に約1300人におよぶ連邦や州そして地方捜査官がDCITPのコースを履修した。DCITPの一般課程を修了すると、サイバー犯罪の法的捜査を担当できる。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

    WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  2. スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

    スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

  3. インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

    インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

  4. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  5. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  6. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  7. 死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

  8. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×