マイクロソフト社の副社長、ハッカーの侵入手口を明かす | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.21(火)

マイクロソフト社の副社長、ハッカーの侵入手口を明かす

国際 海外情報

 マイクロソフト社の副社長兼最高業務責任者(COO)Bob Herbold氏は2月22日ワシントン大学経営学大学院で講演を行った。その際、同氏は昨年(2000年)10月に発生したハッカー事件に触れ、その犯行手口を明らかにした。事件の経緯は、同社のコンピュータ・システムにハッカーが不正侵入し、約2週間にわたってネットワーク内を探索、そして最高機密指定のソースコードを盗み見たというものだ。

 同氏によると、ハッカーの侵入を許した原因は従業員がサーバを設定する際のパスワード作成を忘れ、パスワードを空白のままにしたためだ。「セキュリティ不備の原因は技術的なものではなく、人為的ミスだった。問題が発生し調査を行うと、殆どの場合、人間がその原因となっている」と同氏は述べた。ハッカーはまず、同社の従業員のコンピュータを通じてシステムに侵入し、パスワードのないサーバを探した。同社が昨年『Windows 2000』をリリースするまで、そのサーバソフトウェアはパスワードが空白のままだった。加えて、管理者はしばしば新しいパスワードを作成するのを忘れた。顧客用にセットアップされたサーバはパスワードが空白のままで、結果、ハッカーの不正侵入を許してしまったのである。

 次に、ハッカーはパスワードがないコンピュータもしくは容易にパスワードが解読できるコンピュータを探した。そして、さらに高いレベルにアクセスしようとした時、マイクロソフト社は不正侵入に気づき、同ハッカーの行動を監視してFBIに通報した。調査は現在も続いているという。

 コンピュータ・コンサルティング会社Gartner社のセキュリティ担当責任者Richard Stiennon氏は「不正侵入の原因がパスワードの空白だったことをマイクロソフト社は初めて認めた。ユーザは、セキュリティ手順およびパスワードのような基本的な防御措置の重要性を再認識する必要がある」と語った。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

    スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

  2. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

    WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  3. インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

    インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

  4. 死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  7. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  8. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×