マイクロソフト社の副社長、ハッカーの侵入手口を明かす | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.22(金)

マイクロソフト社の副社長、ハッカーの侵入手口を明かす

国際 海外情報

 マイクロソフト社の副社長兼最高業務責任者(COO)Bob Herbold氏は2月22日ワシントン大学経営学大学院で講演を行った。その際、同氏は昨年(2000年)10月に発生したハッカー事件に触れ、その犯行手口を明らかにした。事件の経緯は、同社のコンピュータ・システムにハッカーが不正侵入し、約2週間にわたってネットワーク内を探索、そして最高機密指定のソースコードを盗み見たというものだ。

 同氏によると、ハッカーの侵入を許した原因は従業員がサーバを設定する際のパスワード作成を忘れ、パスワードを空白のままにしたためだ。「セキュリティ不備の原因は技術的なものではなく、人為的ミスだった。問題が発生し調査を行うと、殆どの場合、人間がその原因となっている」と同氏は述べた。ハッカーはまず、同社の従業員のコンピュータを通じてシステムに侵入し、パスワードのないサーバを探した。同社が昨年『Windows 2000』をリリースするまで、そのサーバソフトウェアはパスワードが空白のままだった。加えて、管理者はしばしば新しいパスワードを作成するのを忘れた。顧客用にセットアップされたサーバはパスワードが空白のままで、結果、ハッカーの不正侵入を許してしまったのである。

 次に、ハッカーはパスワードがないコンピュータもしくは容易にパスワードが解読できるコンピュータを探した。そして、さらに高いレベルにアクセスしようとした時、マイクロソフト社は不正侵入に気づき、同ハッカーの行動を監視してFBIに通報した。調査は現在も続いているという。

 コンピュータ・コンサルティング会社Gartner社のセキュリティ担当責任者Richard Stiennon氏は「不正侵入の原因がパスワードの空白だったことをマイクロソフト社は初めて認めた。ユーザは、セキュリティ手順およびパスワードのような基本的な防御措置の重要性を再認識する必要がある」と語った。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. Cisco のセキュリティビジネスに市場が多大な関心を寄せる理由(The Register)

    Cisco のセキュリティビジネスに市場が多大な関心を寄せる理由(The Register)

  2. 豪大臣、サイバー戦争の国際法整備を ASEAN 諸国に求める(The Register)

    豪大臣、サイバー戦争の国際法整備を ASEAN 諸国に求める(The Register)

  3. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

    フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  4. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  5. 総資産 2,303 万 3,975 ドル、逮捕された Alphabay 運営者のずさんなセキュリティ管理 (The Register)

  6. Black Hat、DEF CON、BSides 開催でホテルがビジネスセンターを真剣に閉鎖(The Register)

  7. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  8. 「ゴリラズ・アプリ」の暗号解読で求人の一次審査を免除(英ジャガー・ランドローバー)

  9. 来月ビットコインが消え去るかもしれないが、パニックに陥るべきではない(The Register)

  10. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×