Windows NT、ハッカーの標的になりやすいウェブサーバ・プラットフォーム(Attrition.org) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

Windows NT、ハッカーの標的になりやすいウェブサーバ・プラットフォーム(Attrition.org)

国際 海外情報

 Windows NTは人気の高いOSの一つであるが、最もハッカーに攻撃されやすいウェブサーバ・オペレーティングシステムであることがコンピュータセキュリティ・サイトAttrition.orgの調査で明らかになった。同サイトはハッカー攻撃を受けたと報告された全てのページを保存しており、またハッキングに成功したハッカーが最初に訪れるサイトとも言われている。

 Attrition.orgは1999年8月から現在(2001年1月)までのOS別ハッカー攻撃回数を集計し、その結果を発表した。それによると、攻撃を受けたウェブサーバの56%がNTを使用しており、その数値は2位のLinuxのあまり知られていないディストリビューション(12%)を大きく引き離した。以下、Solaris(8%)、Red Hat Linux(7%)と続き、Windows 2000はわずか2%だった。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×