セキュリティホール情報 <2000-11-28〜12-04> | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.22(火)

セキュリティホール情報 <2000-11-28〜12-04>

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

 このセキュリティホール情報は、ソフテック社のSecurity Information
Directoryサービス(SID)よりご提供頂いております。

 下記の詳しい情報は、 http://sid.softek.co.jp/

[Windows]
◆Microsoft Internet Information Server
“Web Server File Request Parsing"弱点に対するバッチのリリース
[更新]

◆Microsoft Outlook Express
永続的なメールブラウザ・リンク問題に対するバッチのリリース[更新]
◆Windows 2000
"Still Image Service Privilege Escalation" 弱点に対するバッチのリリース [更新]

◆Microsoft Exchange Server
"Malformed MIME Header"弱点に対するバッチのリリース [更新]

◆Microsoft Excel
"Excel REGISTER.ID Function" 弱点に対するバッチのリリース [更新]
◆Microsoft Internet Explorer
“Scriptlet Rendering"弱点に対するバッチのリリース [更新]

◆Index Server
インデックス・サーバの脆弱性 [更新]

◆Microsoft Internet Information Server
サービス妨害とファイルをリモートから読むことが可能な問題 [更新]

◆Windows Media Player
“OCX Attachment" 弱点に対するバッチのリリース [更新]

◆Windows Media Player
“.ASX Buffer Overrun" and “.WMS Script Execution" 弱点に対するバッチのリリース

◆Windows 2000
“ActiveX Parameter Validation"弱点に対するバッチのリリース [更新]
◆Microsoft VM
"VM File Reading"弱点に対するバッチのリリース [更新]

◆Microsoft Internet Information Server
"Session ID Cookie Marking"弱点に対するバッチのリリース [更新]

◆Microsoft Internet Information Server
大量のエスケープキャラクタによりDOSの可能性 [更新]

◆Windows NT & Windows 2000
"Multiple LPC and LPC Ports "弱点に対するバッチのリリース [更新]
◆Microsoft Internet Information Server
"Specialized Header"弱点に対するバッチのリリース [更新]

[UNIX共通]
◆joe
シンボリックリンク攻撃を受ける [更新]

◆thttpd
Remote から Web サーバ上の任意のファイルを読むことが可能

◆cURL
Remote から任意のバイナリを実行可能 [更新]

◆Ethereal
Remote から root 権限で任意のコードが実行可能

◆PHP
Remote から任意のコードを実行可能 [更新]

◆CUPS
設定されたプリンタへ誰でもアクセス可能

◆Netscape Communicator/Navigator
ブラウザを実行したユーザの権限で任意のコードを実行可能

◆mgetty-sendfax
任意のファイルを破壊することが可能 [更新]

◆OpenSSH
クライアント側の X サーバなどが不正利用される問題 [更新]

◆BIND
Remote からのサービス妨害攻撃を受ける問題 [更新]

◆Apache
システム上の任意のファイルを読み込み可能 [更新]

◆ncurses
LocalUser が uucp グループ権限などを獲得可能 [更新]

[Linux]
◆Vixie Cron
ローカルからのサービス妨害などの問題

◆modutils
LocalUser が root 権限を奪うことが可能 [更新]

◆nss_ldap
サービス妨害攻撃を受ける問題 [更新]

◆pine, imap パッケージ
サービス妨害攻撃を受ける問題 [更新]

◆GnoRPM
LocalUserがシステム上の任意のファイルを破壊可能 [更新]

◆cyrus-sasl
許可していないリソースへのアクセスが可能 [更新]

[SGI IRIX]
◆SGI InPerson
Localuserはroot権限などを獲得可能

[その他]
◆ウイルス情報
新種ウイルス警報 VAC-2「TROJ_SHOCKWAVE.A」
http://www.trendmicro.co.jp/corporate/index.htm

◆セキュリティー大手ネットワークアソシエイツ社のサイトに
クラッカー侵入
http://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20001201304.html
◆意見が分かれる新ウイルスの危険度
http://cnet.sphere.ne.jp/News/2000/Item/001202-3.html

◆リリース情報
DeleGate 6.1.21
http://www.delegate.org/delegate/

◆子供向けセキュリティ教育サイト 米MSが開設
http://www.mainichi.co.jp/digital/netfile/archive/200011/28-7.html

★読者へのご案内******************************************************
 「Scan Security Wire」読者の方へ特別サービスのご案内をいたします。詳細は下記のURLまでお願いいたします。
http://www.vagabond.co.jp/scan/sid.html

■情報に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
 株式会社ソフテック
sng@softek.co.jp
http://sid.softek.co.jp/

 Copyright(C) 2000 SofTek Systems, Inc. All Rights Reserved.

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 改ざんやDDoS攻撃などWebサイトの被害が増加、サイトの点検を呼びかけ(JPCERT/CC)

    改ざんやDDoS攻撃などWebサイトの被害が増加、サイトの点検を呼びかけ(JPCERT/CC)

  2. Apache Struts 2 において Struts 1 由来のプラグインでの値検証不備により任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

    Apache Struts 2 において Struts 1 由来のプラグインでの値検証不備により任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  3. OSPFプロトコルを実装する複数の製品に、DoS攻撃を受けるなどの脆弱性(JVN)

    OSPFプロトコルを実装する複数の製品に、DoS攻撃を受けるなどの脆弱性(JVN)

  4. Windows OS における SMB プロトコルの実装を悪用してサービス不能攻撃が可能となる問題 - SMBLoris(Scan Tech Report)

  5. バッファロー製の無線LANルータに、任意のコードを実行される脆弱性(JVN)

  6. 組込みソフト搭載の専用機器からSSHへのパケットが増加--定点観測レポート(JPCERT/CC)

  7. WindowsのLNKにリモートから任意のコードを実行される脆弱性(JVN)

  8. TwitterでNintendo Switchの購入希望者を狙った詐欺が横行

  9. バッファロー製の無線LAN製品に複数の脆弱性(JVN)

  10. 海外製デジタルビデオレコーダへのアクセスが増加、脆弱性悪用のおそれ(警察庁)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×