企業ネットワーク向けコンテンツ・セキュリティ製品「eSafe Gateway 3.0」の販売を開始(アラジンジャパン) | ScanNetSecurity
2022.08.08(月)

企業ネットワーク向けコンテンツ・セキュリティ製品「eSafe Gateway 3.0」の販売を開始(アラジンジャパン)

 株式会社アラジンジャパンは、企業ネットワーク向けコンテンツ・セキュリティ製品「eSafe Gateway 3.0(イーセーフ・ゲートウェイ)」の販売を開始した。同ソフトは、ウイルスや悪質なJava、ActiveXプログラムなど悪質なモバイル・コード、スパムなどのメール攻撃など

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社アラジンジャパンは、企業ネットワーク向けコンテンツ・セキュリティ製品「eSafe Gateway 3.0(イーセーフ・ゲートウェイ)」の販売を開始した。同ソフトは、ウイルスや悪質なJava、ActiveXプログラムなど悪質なモバイル・コード、スパムなどのメール攻撃などから企業ネットワークを保護するセキュリティ・ソリューション。ネットワークの入り口であるインターネット・ゲートウェイを通過するコンテンツをリアルタイムで監視し、企業にダメージを与えるコンテンツを確実にブロックするのが特徴で、デスクトップのウイルス対策ソフトとの併用により、完全なコンテンツ・セキュリティを実現することが可能となる。Pentium III以上のプロセッサ搭載サーバで稼動可。価格は462,000円(100ユーザー、アップデート・サービス別途)など。

http://www.aladdin.co.jp/news/200010171.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×