国立研究所のコンピュータ・システムに侵入したハッカーを逮捕(ローレンス・リバモア国立研究所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.24(火)

国立研究所のコンピュータ・システムに侵入したハッカーを逮捕(ローレンス・リバモア国立研究所)

国際 海外情報

 小さなコンピュータ会社に勤務するBenjamin Troy Breuninger容疑者(21歳、ミネソタ州在住)が9月11日に自宅で逮捕された。同容疑者は、1999年11月に2度にわたってローレンス・リバモア国立研究所のコンピュータ・システムに侵入した疑いが持たれている。
 FBIサンフランシスコ支部の広報担当Andy Black氏によると、同研究所の核兵器に関する機密データは無事だったが、研究所の従業員名簿を含む管理情報などが盗まれた。犯行の動機は、同研究所に対する個人的怨恨ではなく、愉快犯的要素が強いと見られている。

 Black氏は「社会のコンピュータ依存度が高くなればなるほど、コンピュータを利用した犯罪が増える」と警告し、FBIは現在、同容疑者が自宅のコンピュータにダウンロードしたデータを調査していると述べた。この事件で同研究所が被った損失は5万ドルに上ると推計される。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×