国立研究所のコンピュータ・システムに侵入したハッカーを逮捕(ローレンス・リバモア国立研究所) | ScanNetSecurity
2022.05.28(土)

国立研究所のコンピュータ・システムに侵入したハッカーを逮捕(ローレンス・リバモア国立研究所)

 小さなコンピュータ会社に勤務するBenjamin Troy Breuninger容疑者(21歳、ミネソタ州在住)が9月11日に自宅で逮捕された。同容疑者は、1999年11月に2度にわたってローレンス・リバモア国立研究所のコンピュータ・システムに侵入した疑いが持たれている。  FBIサンフ

国際 海外情報
 小さなコンピュータ会社に勤務するBenjamin Troy Breuninger容疑者(21歳、ミネソタ州在住)が9月11日に自宅で逮捕された。同容疑者は、1999年11月に2度にわたってローレンス・リバモア国立研究所のコンピュータ・システムに侵入した疑いが持たれている。
 FBIサンフランシスコ支部の広報担当Andy Black氏によると、同研究所の核兵器に関する機密データは無事だったが、研究所の従業員名簿を含む管理情報などが盗まれた。犯行の動機は、同研究所に対する個人的怨恨ではなく、愉快犯的要素が強いと見られている。

 Black氏は「社会のコンピュータ依存度が高くなればなるほど、コンピュータを利用した犯罪が増える」と警告し、FBIは現在、同容疑者が自宅のコンピュータにダウンロードしたデータを調査していると述べた。この事件で同研究所が被った損失は5万ドルに上ると推計される。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×