ハッカーの標的にされるインターネット銀行(英Egg銀行) | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

ハッカーの標的にされるインターネット銀行(英Egg銀行)

 国家捜査局(NCS)は6ヶ月に渡る捜査の末、8月22日未明に生保大手Prudential社の子会社であるオンライン銀行Eggに不正侵入した30代の男3人を逮捕した。彼らは同銀行から数千ポンドを窃取した疑いが持たれている。120万人の顧客を持つEgg銀行は1998年にサービスを開始し、

国際 海外情報
 国家捜査局(NCS)は6ヶ月に渡る捜査の末、8月22日未明に生保大手Prudential社の子会社であるオンライン銀行Eggに不正侵入した30代の男3人を逮捕した。彼らは同銀行から数千ポンドを窃取した疑いが持たれている。120万人の顧客を持つEgg銀行は1998年にサービスを開始し、英国初のインターネット取引銀行として短期間で急成長した。今回の事件はインターネット銀行が標的になった英国初のハッカー事件として注目を集めていた。しかしNCSは翌日の8月23日、証拠不十分でその3人の男を保釈したと発表した。

 事件を担当したMick Randall巡査部長は「比較的新しい形態であるインターネット銀行を狙った犯罪で、組織化された犯罪集団が関与していると思われる。非常に複雑かつ悪質な手口からプロ集団の犯行と推察される。彼らは幾ばくかの金を銀行から強奪したが、大した額ではない」と述べた。

 NCSによると、他のオンライン銀行もEgg銀行と似たようなハッカー攻撃に遭う可能性は十分にあるという。Egg銀行の業務責任者Marshall氏は「今回の事件で、被害に遭った当行の顧客は一人もいない」と述べた。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×