ハッカー逮捕のためジャーナリストに圧力をかける(米司法省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.19(木)

ハッカー逮捕のためジャーナリストに圧力をかける(米司法省)

国際 海外情報

 米司法省はハッカーを逮捕するため、雑誌Forbesの記者Adam Penenberg氏に連邦大陪審の前で証言することを命じた。 1998年に同氏は、雑誌Forbesにハッカーに関する特集記事を執筆した。その内容は、New York Timesのウェブサイトに侵入し9時間あまりサイトをダウンさせたと言われるハッカー“Slut Puppy”と“Master Pimp”に焦点を当てたものだった。

 Forbesの弁護士Tennyson Schad氏によると、大陪審はPenenberg氏に彼の書いた記事が事実か否かのみを質問し、そして取材源の秘匿性を侵害するようなことは要求しないという条件の下、Forbesは検察側と合意に達した。しかし、Penenberg氏は現在も証言を拒否しており、さらにForbesが同氏を全面的にサポートしなかったことを理由にForbesを辞職する意向を明らかにした。

 同氏は報道機関のインタビューに応え「この騒動は、私のジャーナリストとしてのキャリアを台無しするだろう。私はハッカーの内幕を執筆し、多くの記事をスクープしてきた。しかし、仮に私が司法省の手先になってハッカー捜査に加担していると見られたら、もうハッカー記事は書けないだろう。Forbesに裏切られた思いだ」と胸中を述べた。

 あるジャーナリストは「もし政府の圧力が自社のジャーナリストにかけられたのなら、出版社は報道の自由に基づいた確固たる理念でそのジャーリストを助けるべきだろう。そうしなかったForbesは残念ながら、自身の顔に泥を塗ったことになる」と述べた。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  3. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

    SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  4. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  7. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  8. Cisco のセキュリティビジネスに市場が多大な関心を寄せる理由(The Register)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×