BBCが報じた1997年スペースシャトルに対するハッカー攻撃を一部否定(米航空宇宙局) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.06.25(日)

BBCが報じた1997年スペースシャトルに対するハッカー攻撃を一部否定(米航空宇宙局)

国際 海外情報

 BBCは7月3日、ハッカーが米国や英国のコンピュータ防御網をどのような手法で破るのかを検証した番組『サイバー攻撃』の中で、スペースシャトルがハッカーの攻撃に晒されていたと報じた。その事件は、1997年にスペースシャトルがロシアの宇宙ステーション“ミール”とドッキングしていた時、ハッカーが通信を妨害したためシャトル乗組員は米航空宇宙局(NASA)との交信にロシアの宇宙ステーションを使わざるを得なかった、というものだ。それに対し、NASAの広報担当Bob Jacobs氏は「地上管制官と宇宙飛行士の交信が絶たれたことはない。そのような事は起こり得ない」と言下に否定し、さらに宇宙飛行士が通信を行うためロシアの宇宙ステーションを使用したこともない、と付け加えた。

 しかしJacobs氏は、宇宙飛行士の医学的データを地上のNASAコンピュータ・システムに伝送にする際、ハッカーにより遅延が発生したことは認めた。しかし、バックアップ・システムがその問題を解決し、医学的データは無事シャトルから別の場所に送信されたと述べた。そして「ハッカーは絶えずNASAのコンピュータ・システムに侵入しようとしているが、ミッションの際の重要なコンピュータ・システムは通信ネットワークとは切り離されている」とし、現在この事件を起こしたハッカーを突きとめるべく捜査中であると語った。NASAは昨年(1999年)一年間で約50万回のハッカー攻撃を受けたという。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. Nレポート 第1回「北朝鮮のサイバー攻撃の調査・分析の一端」

    Nレポート 第1回「北朝鮮のサイバー攻撃の調査・分析の一端」

  2. 中国サイバーセキュリティ法発効 ~ 非中国系企業に事業リスク(The Register)

    中国サイバーセキュリティ法発効 ~ 非中国系企業に事業リスク(The Register)

  3. ハッキングで得た情報で株不正取引の中国人に罰金 9 億円、複数の法律事務所を標的にした攻撃手法(The Register)

    ハッキングで得た情報で株不正取引の中国人に罰金 9 億円、複数の法律事務所を標的にした攻撃手法(The Register)

  4. ロシア サイバー攻撃外交 ~ ヒラリーとマクロンのファイルしか流出させなかったプーチンの意図(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. NSAの兵器から生まれたランサムウェアが世界で蔓延、MSが緊急パッチ配布 ~ 対策方法まとめ:ポート番号からサンプルまで(The Register)

  7. GDPR 施行控えセキュリティ人材が超売手市場、英では給与 1.4 倍に(The Register)

  8. ヨーロッパ情報漏えい罰金額相場とEU一般データ保護規則施行が生むビジネスチャンス(The Register)

  9. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  10. テスラの死亡事故、ドライバーは37分間のうち36分35秒間手放し運転…米当局報告

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×