医療用ソフト大手のSentillionへRSA BSAFE SSL-Jをライセンス(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2021.09.18(土)

医療用ソフト大手のSentillionへRSA BSAFE SSL-Jをライセンス(米RSA Security)

 米RSA Securityは2000年7月5日、医療現場で使用されるPCのWebならびにクライアント/サーバー・アプリケーションを開発するSentillion社に、RSA BSAFE SSL-Jをライセンスした。このライセンスにより、Sentillion社は「Vergence Product Family Suite」に暗号技術を導入

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米RSA Securityは2000年7月5日、医療現場で使用されるPCのWebならびにクライアント/サーバー・アプリケーションを開発するSentillion社に、RSA BSAFE SSL-Jをライセンスした。このライセンスにより、Sentillion社は「Vergence Product Family Suite」に暗号技術を導入。利用者に対して認証を行い、医療現場での不正アクセスや医療記録の悪用などを防止することが可能になった。また、米国の医療標準である「HL7 CCOW」についても、RSA社の技術が必要としていたが、今回のライセンスによりセキュリティ部分での準拠が完了している。

http://www.rsasecurity.com/news/pr/000705.html

<本記事はセキュリティ・ニュースからの転載です>

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×