兼松・KEL・GSX「日本サイバーセキュリティファンド1号投資事業有限責任組合」設立 | ScanNetSecurity
2024.04.15(月)

兼松・KEL・GSX「日本サイバーセキュリティファンド1号投資事業有限責任組合」設立

 兼松株式会社、兼松エレクトロニクス株式会社(KEL)、グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)は3月25日、ウエルインベストメント株式会社を無限責任組合員とした「日本サイバーセキュリティファンド1号投資事業有限責任組合」の設立を発表した。

製品・サービス・業界動向
ファンドイメージ

 兼松株式会社、兼松エレクトロニクス株式会社(KEL)、グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)は3月25日、ウエルインベストメント株式会社を無限責任組合員とした「日本サイバーセキュリティファンド1号投資事業有限責任組合」の設立を発表した。

 同ファンドは、セキュリティ業界全体の成長機会を現実のものとする「セキュリティ専業企業が出資し、セキュリティ企業に投資を行う国内初のサイバーセキュリティ業界特化型のファンド」で、2024年3月19日に投資事業有限責任契約を締結しており、2024年4月1日に設立する。

 同ファンド内には、出資企業で構成される「アドバイザリーボード」を設置、業界での経験値や動向知見に基づく投資先企業の調査・検討(目利き)機能を持ち、投資先選定の成功確率を高める。出資企業各社は、それぞれがサービス・販路・経営ノウハウを共有し、同ファンドの投資先企業に支援を行う。

 無限責任組合員のウエルインベストメントは現在、サイバーセキュリティ分野にて米政府機関とパイロットプロジェクトを行っているConfidencial社(米国シリコンバレー)をリードインベスターとして支援しており、米国でのサイバーセキュリティに取り組むスタートアップの支援経験を有している。

 同ファンドでは今後、セキュリティ業界の企業や金融機関・機関投資家に参画を促しながら、上限100億円を目標にファンド組成を進める。

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 警察庁、サイバー事案通報の統一窓口を設置

    警察庁、サイバー事案通報の統一窓口を設置

  2. デロイトと JFEスチール、サイバーセキュリティの合弁会社設立

    デロイトと JFEスチール、サイバーセキュリティの合弁会社設立

  3. 脆弱性診断自動化ツール「AeyeScan」にシングルサインオン機能、大規模ユーザーにも対応

    脆弱性診断自動化ツール「AeyeScan」にシングルサインオン機能、大規模ユーザーにも対応

  4. ALSI、国産脅威インテリジェンスサービス「InterSafe Threat Intelligence Platform」提供

  5. 「GMOサイバー攻撃 ネットde診断」FortiGate に対応

  6. 「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」受賞者決定、大阪大学 猪俣敦夫氏ら 2 個人 2 団体

  7. 警察庁サイバー特捜隊が LockBit の復号ツール開発、被害企業の回復作業を実施

  8. NTTドコモ「意図せぬ迷惑メッセージ送信に関するお知らせ」機能を 7 月上旬から提供

  9. 次世代 SIEM ベンダ Exabeam 光山 慶が一掃したい「SIEM で一番心が折れるところ」~セキュリティエンジニアがもっと世界を救うために

  10. 警察庁「サイバー警察局便り」でDMARCによるフィッシングメール対策推奨

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×