SBT「クラウドパトロール」提供開始 設定不備やインシデント検知 | ScanNetSecurity
2024.06.20(木)

SBT「クラウドパトロール」提供開始 設定不備やインシデント検知

 SBテクノロジー株式会は8月21日、クラウド保護サービス「クラウドパトロール」を同日から提供すると発表した。

製品・サービス・業界動向
サービス概要図

 SBテクノロジー株式会は8月21日、クラウド保護サービス「クラウドパトロール」を同日から提供すると発表した。

 同サービスは、Microsoft Azure、Amazon Web Services(AWS)をはじめとするクラウド環境において、不正アクセスや情報漏えいにつながる設定不備やインシデントを検知・通知するクラウド保護サービス。Microsoft Defender for Cloud (MDfC)のアラートを基にインシデントの検知・通知を行う。60分毎に自動で定期パトロールを行い、新たなリスクを検知する度に通知する。迅速な対応が求められるアラートのみを抽出して通知するため、優先度の低いアラートに埋もれることなくリスクの早期発見が可能となる。また、意図しないポート開放などの高リスクな設定を検知した場合、自動で設定変更も可能。

 同サービスは初期費用不要で、保護対象1,000アセットまで月額5万円で提供する。なお2023年10月31日まで、無償トライアルを実施する。なお Google Cloud Platform(GCP)は、2023年内の対応を予定している。

《高橋 潤哉》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. セキュリティ企業の セキュリティ企業による セキュリティ企業のための投資ファンド ~ GSX 青柳史郎が語る「日本サイバーセキュリティファンド」設立趣旨

    セキュリティ企業の セキュリティ企業による セキュリティ企業のための投資ファンド ~ GSX 青柳史郎が語る「日本サイバーセキュリティファンド」設立趣旨

  2. NICT セキュリティ情報融合基盤「CURE」保有情報から自組織関連の攻撃情報等 通知可能に

    NICT セキュリティ情報融合基盤「CURE」保有情報から自組織関連の攻撃情報等 通知可能に

  3. セキュリティ製品と企業を選ぶ「機能以外の」要件 ~ ラピッドセブン・ジャパン 日本法人設立 10 周年記念 公開インタビュー

    セキュリティ製品と企業を選ぶ「機能以外の」要件 ~ ラピッドセブン・ジャパン 日本法人設立 10 周年記念 公開インタビュー

  4. CTFの覇者 市川遼が目指す「GMOイエラエの技術者が攻撃しようとするときに最初にやること全部の完全自動化」~ ネットde診断 for ASM

  5. ランサムウェア対策無料チェックツール公開 ~ 設問数 25、簡易レポート即発行

  6. 最強のバイリンガルエンジニア集団が開く、グローバルセキュリティエキスパートの東南アジア進出

  7. サイバーセキュリティ防衛技官募集、実務経験13年以上の31歳から58歳(防衛省)

  8. 非エンジニアの文系ライターが挑んだSecuriST(セキュリスト)認定ネットワーク脆弱性診断士受験記 [前編] もしもう一度ゼロからやり直せるなら

  9. 【防犯アプリ04】iOSデバイス2台をBluetoothで接続して監視カメラとモニターに

  10. で、どうやったら SecuriST に合格できるか教えてもらえませんか上野さん ~ 非エンジニア文系ライター受験記 [後編]

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×