オンラインストレージアプリ Proself にリモートコード実行のゼロデイ脆弱性 | ScanNetSecurity
2024.07.15(月)

オンラインストレージアプリ Proself にリモートコード実行のゼロデイ脆弱性

 株式会社ノースグリッドは7月20日、同社のオンラインストレージアプリケーションソフト Proselfにおけるリモートコード実行のゼロデイ脆弱性について発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

 株式会社ノースグリッドは7月20日、同社のオンラインストレージアプリケーションソフト Proselfにおけるリモートコード実行のゼロデイ脆弱性について発表した。

 影響を受けるシステムは、同社が現在リリースしているProself 全てのバージョン。

 同社では既に、本脆弱性の悪用を確認しており、悪用されている環境では下記の設定が書き換えられていることが判明している。

Proself管理画面 > システム設定 > システム > ウイルススキャン設定
※脆弱性が悪用されている環境の場合、「使用する」が"ON"、「ウイルススキャンのコマンドライン」が未設定であったにもかかわらず設定がされている、元々設定していた内容と異なる内容が設定されている

 本脆弱性は、下記ファイルをProselfとは関係のない場所に移動または削除することで暫定的に回避が可能となり、同社では実施を呼びかけている。

Proselfインストールフォルダ/webapps/proself/WEB-INF/xml/process/external/admin 配下の以下2ファイル
downloadhistory.xml
setclustermyid.xml

 同社では、本脆弱性に対応した次期バージョンの今月中のリリースを目標としているとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×