米当局、中国の改正反スパイ法に警鐘 | ScanNetSecurity
2024.07.13(土)

米当局、中国の改正反スパイ法に警鐘

 米国の国家防諜安全保障センター(NCSC)は、7 月 1 日に発効した中国の改正反間諜法(反スパイ法)が危険なほど曖昧で、世界のビジネスにリスクをもたらす可能性があると警鐘を鳴らしている。

国際
米当局、中国の改正反スパイ法に警鐘

 米国の国家防諜安全保障センター(NCSC)は、7 月 1 日に発効した中国の改正反間諜法(反スパイ法)が危険なほど曖昧で、世界のビジネスにリスクをもたらす可能性があると警鐘を鳴らしている。

 NCSC は、「海外の諜報をめぐる特定の脅威に関する概要、その脅威の影響、影響を軽減するための手段を提供する」ことを目的として、「Safeguarding Our Future(私たちの未来を守る)」というタイトルの機密扱いではない報告書を不定期で発行している。

 6 月 30 日、同センターは「米国のビジネスリスク:中華人民共和国(PRC)の法律で、外国企業と国内企業に対する北京の監視が拡大」と題する新たな報告書 [PDF] を発行した。そこで最初に伝えられているのは、中国が最近改正した反スパイ法である。その内容は、「スパイ行為の定義を国家機密や国家の重要情報に関することから、国家安全保障上の利益に関連するあらゆる文書、データ、資料、物品に関することまで、文言を明確に定義することなく拡大する」というものである。

 その曖昧さゆえ、「あらゆる文書、データ、資料、物品も中国の国家安全保障に関連するとみなされる可能性がある」ことを意味し、「外国企業の潜在的な法的リスクや不確実性」が増大すると、国家防諜安全保障センターは主張している。

 だとしたら、中国オフィスや中国のパートナーからのメールは、よく考えてから読むべきなのであろうか?


《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  2. 割のいいリゾートバイト求人 その実態は暗号資産詐欺の奴隷労働:FBI 注意勧告

    割のいいリゾートバイト求人 その実態は暗号資産詐欺の奴隷労働:FBI 注意勧告

  3. 日本の警察、Android 用マルウェア配布でポーカープレイヤーの IT 社長を逮捕~そのアプリは「救いようのない間抜け」をターゲットにしていた(The Register)

    日本の警察、Android 用マルウェア配布でポーカープレイヤーの IT 社長を逮捕~そのアプリは「救いようのない間抜け」をターゲットにしていた(The Register)

  4. 国連サイバー犯罪条約が「グローバル監視協定」になる危険性

  5. Steamの脆弱性を突いて審査を回避、存在しないゲームを不正リリース

  6. CrowdStrike Blog:中国政府がTURBINE PANDA(タービンパンダ)と中国のトップスパイを働かせてジェット旅客機C919の製造で楽をした方法

  7. 海外における個人情報流出事件とその対応 第229回 狙われる給与業務委託(2)「カネがある」給与業務が新たなターゲット

  8. 謎のランサムウェア攻撃で Git のコミット消失、救出と引換にビットコイン要求の模様(The Register)

  9. クラウドさん 魔法でも救世主でもなく料金も高いことが完全にバレる ~ 脱クラウドの取り組みも

  10. 支払額倍増の場合も ~ オラクルが Fortune 200 へ Java ライセンスに関する監査書送付を開始

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×