サイバーセキュリティ版「天国と地獄」~ サプライヤーへサイバー攻撃、身代金支払いを本体へ請求 | ScanNetSecurity
2024.06.15(土)

サイバーセキュリティ版「天国と地獄」~ サプライヤーへサイバー攻撃、身代金支払いを本体へ請求

 ランサムウェアの犯罪集団LockBit が TSMC のデータを盗んだと主張していることを受け、チップ製造大手の TSMC は、実のところ TSMC ではなく同社の設備サプライヤーのひとつである Kinmax がハッキングされたと述べた。

国際
サイバーセキュリティ版「天国と地獄」~ サプライヤーへサイバー攻撃、身代金支払いを本体へ請求

(編集部註:『天国と地獄』…1963年公開の黒澤明監督の日本映画、神奈川県にある靴製造企業の専務取締役の運転手の息子が誤って誘拐され、専務が身代金を支払うストーリー)

 ランサムウェアの犯罪集団 LockBit が台湾の半導体製造企業 TSMC のデータを盗んだと主張していることを受け、チップ製造大手の TSMC は、実のところ TSMC ではなく同社の設備サプライヤーのひとつである Kinmax がハッキングされたのだと述べた。

 LockBit のウェブサイトによると、犯人グループは TSMC のシステムに侵入することに成功し、7,000 万ドルの身代金が支払われない限り、メーカーの ITネットワークのネットワークログイン認証情報を含め、流出した情報がオンラインに流出するだろうと 6 月 29 日に主張した。

 同犯罪集団の関連組織のひとつである National Hazard Agency は、盗んだとするファイルに関するディレクトリの一覧のスクリーンショットを公開した。犯罪者によると、TSMC に対しては 8 月 6 日が締め切りだという。

 The Register がこの侵入について TSMC に問い合わせたところ、このランサムウェア犯罪集団に侵入されたのは、チップメーカーそのものではなく、サードパーティーのサプライヤーであると TSMC は述べた。Nvidia、AMD、Apple などのチップを製造している台湾の大手企業にとって、盗難の影響のインパクトは控えめなものである。TSMC にとってこの侵入は平凡な出来事とまでは言えないにせよ、工場やプロセッサーの設計図を持ち逃げされたわけではなさそうである。


《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. 役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

    役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

  2. 失業後データ盗み大手 IT 企業を恐喝、セキュリティコンサルタント 57 歳起訴

    失業後データ盗み大手 IT 企業を恐喝、セキュリティコンサルタント 57 歳起訴

  3. [ブラックマーケット最新価格一覧] ランサムウェア,ボットレンタル, 盗難アカウント,パスポート, 偽造処方箋, 性恐喝用偽造動画:各USドル表記 ~ コモディティと高級サービスの違い

    [ブラックマーケット最新価格一覧] ランサムウェア,ボットレンタル, 盗難アカウント,パスポート, 偽造処方箋, 性恐喝用偽造動画:各USドル表記 ~ コモディティと高級サービスの違い

  4. ウイルス攻撃を懸念するカナダ市民(Ipsos-Reid 社)

  5. ネットゲームクラッキング 狂気に包まれたバーチャル空間

  6. 日本政府が富士通に索敵殲滅型サイバー兵器の製作を依頼(The Register)

  7. 海外における個人情報流出事件とその対応 第190回 情報盗難犯に狙われる決済処理会社 (1)1億件の情報漏えいも!?

  8. 訃報「伝説のハッカー」ケビン・ミトニック氏 59歳

  9. TeraTerm Pro Web及びPuttyがバッファオーバーフローにより任意のコード実行を許可(iDEFENSE独占記事)

  10. スパム電子メールを作成するPegasusトロイの木馬

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×