経済産業省と警察庁で覚書を締結、サイバー攻撃によるカード番号等の漏えい事案対策を推進 | ScanNetSecurity
2024.07.18(木)

経済産業省と警察庁で覚書を締結、サイバー攻撃によるカード番号等の漏えい事案対策を推進

 経済産業省と警察庁は6月30日、サイバー攻撃によるクレジットカード番号等の漏えい事案に関する対策の推進に関する覚書の締結を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向

 経済産業省と警察庁は6月30日、サイバー攻撃によるクレジットカード番号等の漏えい事案に関する対策の推進に関する覚書の締結を発表した。

 経済産業省及び警察庁では、昨今のサイバー攻撃によるEC加盟店等でのクレジットカード番号等の漏えい事案が相次ぐ状況を踏まえ、未然防止等を目的とした、事案発生時における情報共有や平時の連携等に関する覚書を締結した。覚書のポイントは下記の通り。

1.漏えい事案発生時における連携
漏えい事案に関する情報の提供
被害実態の把握、攻撃手口の分析等

2.通報・相談の促進
被害企業等からの警察に対する通報・相談の促進に関する周知
被害企業等からのクレジットカード会社等に対する連絡促進

3.平時における連携
攻撃手口や重大な脆弱性に関する情報等の共有、これらに基づく注意喚起等

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×