無償脆弱性管理プラットフォーム「S4」がサービス約款改定、利用無きアカウントは停止 | ScanNetSecurity
2024.05.27(月)

無償脆弱性管理プラットフォーム「S4」がサービス約款改定、利用無きアカウントは停止

 株式会社クラフは5月18日、同社のセキュリティ・マネジメント・システム「S4」のサービス約款の改定を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社クラフは5月18日、同社のセキュリティ・マネジメント・システム「S4」のサービス約款の改定を発表した。

 同社が開発したS4は、セキュリティの社会課題を解決する仕組みを兼ね備えたセキュリティ・マネジメント・システムで、誰の手にもセキュリティがいきわたる社会をつくり、セキュリティの格差をなくすことで、安心で安全なインターネットを目指している。

 今回のサービス約款の変更点では、第16条「サービスの利用停止」を追加し、一定期間にわたって本サービスを使用していない場合、利用停止することができる旨を記載している。

 同社ではサービス約款を改定する理由として、「S4を利用しない無償ユーザーは、直接的にも間接的にもセキュリティの社会課題解決に貢献していないだけでなく、社会資源であるS4を浪費している状態にある」とし、「有限である社会資源としてのS4と、セキュリティの社会課題を解決する活動を維持するために、非アクティブなアカウントを利用停止する旨を、サービス約款に追記」したとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×