ランサムウェア攻撃の身代金は支払わない傾向、攻撃者 収入半減 | ScanNetSecurity
2023.01.30(月)

ランサムウェア攻撃の身代金は支払わない傾向、攻撃者 収入半減

2022 年の最初の 9 か月間でランサムウェア攻撃は 31 %減少し、2021 年の過去最高値よりは低い数字となった。

国際
ランサムウェア攻撃の身代金は支払わない傾向、攻撃者 収入半減
  • ランサムウェア攻撃の身代金は支払わない傾向、攻撃者 収入半減

 2022 年にランサムウェア攻撃者に支払われた金額は大幅に減少したが、これは攻撃件数が減少したからではない。

 身代金の支払いを拒否する被害者が増えたためだと、ブロックチェーン調査会社の Chainalysis は 19 日の報告書で述べている

 Chainalysis は 2019 年以降、被害者の支払率は 76 %からわずか 41 %に低下したと推定している。ちなみに、2021 年は 50 %だった。

 Chainalysis のデータによると、昨年のランサムウェアの総収入は、少なくとも 4 億 5,680 万ドルに減少し、2021 年の 7 億 6,560 万ドルから 40.3 %減少した。「エビデンスでは、こうした減少の要因は被害者がランサムウェア攻撃者に身代金を払いたがらなくなっていることだと示唆されています」

 公平を期すために言うと、Chainalysis のデータは推定値にとどまっている。まだブロックチェーン上で特定されておらず、Chainalysis のデータに組み込まれていないランサムウェア集団が管理する仮想通貨サイトが存在している。

 Chainalysis の研究者らは、サイバーセキュリティ企業の Recorded Future が行った、ランサムウェア集団のデータ流出サイトからデータを収集する作業に言及し、2021 年から 2022 年の間の攻撃件数は 10.4 %減少したと記している。とはいえ、ランサムウェア攻撃の減少率と身代金の支払いの減少率には大きな隔たりがある。

 では、なぜ企業は身代金の支払いを敬遠しているのだろうか。


《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. 生理アプリのデータ販売を違法にする法案提出、診療所周辺のジオフェンシングも禁止

    生理アプリのデータ販売を違法にする法案提出、診療所周辺のジオフェンシングも禁止

  2. ランサムウェア攻撃の身代金は支払わない傾向、攻撃者 収入半減

    ランサムウェア攻撃の身代金は支払わない傾向、攻撃者 収入半減

  3. CrowdStrike Blog:中国政府がTURBINE PANDA(タービンパンダ)と中国のトップスパイを働かせてジェット旅客機C919の製造で楽をした方法

    CrowdStrike Blog:中国政府がTURBINE PANDA(タービンパンダ)と中国のトップスパイを働かせてジェット旅客機C919の製造で楽をした方法

  4. 裁判官が法廷でベイズ統計の使用を制限~テリー・プラチェット効果に判事が立腹(The Register)

  5. Have I Been Pwned が法執行機関からの漏えいパスワード大量アップロード受付中、NCA や FBI が利用

  6. クラウド・コロニアリズム(植民地主義)時代元年

  7. 【詳細情報】ポート137でスキャン増加が発生

  8. 中国は他国の言語に興味津々~現在、北京の諜報部はアラビア語、日本語、そして国内の地域言語も認識可能に(The Register)

  9. 食料品を盗るBEC発生、米CISA注意喚起

  10. クラウドさん 魔法でも救世主でもなく料金も高いことが完全にバレる ~ 脱クラウドの取り組みも

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×