クラウドさん 魔法でも救世主でもなく料金も高いことが完全にバレる ~ 脱クラウドの取り組みも | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

クラウドさん 魔法でも救世主でもなく料金も高いことが完全にバレる ~ 脱クラウドの取り組みも

先週、AWS と Microsoft は、それぞれのクラウド料金が高すぎることを顧客に気づかれてしまったと認めた。

国際
クラウドさん 魔法でも救世主でもなく料金も高いことがバレる ~ 脱クラウドの取り組みも

 IT コミュニティの大部分は、クラウドは魔法のように素晴らしいから積極的に使おう、という考え方を許容する姿勢を見せてきたし、さらにはそうした考え方を推進しようとする人々もいた。そして私たちの多くは、その宣伝文句を疑わなかった。

 私は、素晴らしいという触れ込みのドラッグ&ドロップ操作型ハイブリッドクラウドストレージ管理システムのデモを、数週間前に目にした。その際、私も一瞬クラウドの宣伝文句を鵜呑みにしかけてしまった。何しろその画面には、オンプレミスとクラウドのボリュームが表示され、数回クリックしてマウスでドラッグするだけで、ペタバイト単位のデータをクラウドに転送してくれたのだ。そればかりか、データとアプリケーションの対応付けが両方の環境で行われた上に、セキュリティポリシまで転送してくれていた。

 しかしその後、私はこの魔法のようなシステムを発明した人々に、ある点について尋ねた。データを転送した際に発生した費用について、ユーザに対して何らかの情報が提示されるのか、という点だ。

 返ってきた答は「いいえ、その機能は近日中に追加します」だった。

 このベンダ、そして実際のところあらゆるベンダが、何食わぬ顔をしてこのような嘆かわしい返事をしやがるのには、理由がある。料金がかかったとしても、クラウドに移行して柔軟な運用が可能になれば、すべてが好ましい方向に進んでいくと、私たちが何年にもわたって聞かされてきたことがその理由だ。

 このベンダは、物理的な機器ではなく、クラウドベースのストレージソフトウェアの提供に活路を見出しているわけだ。そのため、このベンダが気にする料金とは、そのコードのライセンスがいくらで売れるかという点だけだ。クラウドは魔法のようなものだというナラティブが浸透しているため、細かい点まで誰も気にしない。

 しかし、実際には、クラウドはこれまでずっとまとまりを欠きながら肥大化してきた傾向があるし、管理を誤る可能性があるし、または公称の性能を発揮できないなどの問題等を抱えてきた。つまり、クラウドは、この点においては、その他のあらゆるコンピューティングリソースやストレージリソースと変わらないのだ。

 先週、AWS と Microsoft は、それぞれのクラウド料金が高すぎることを顧客に気づかれてしまったと認めた。


《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. 世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

    世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

  2. 岡山県精神科医療センターへのランサムウェア攻撃、最大約 40,000 人分の患者情報が流出した可能性

    岡山県精神科医療センターへのランサムウェア攻撃、最大約 40,000 人分の患者情報が流出した可能性

  3. リクルートが実証実験中の不動産会社向けサービスのサーバに不正アクセス、従業者等の情報が漏えい

    リクルートが実証実験中の不動産会社向けサービスのサーバに不正アクセス、従業者等の情報が漏えい

  4. 住友重機械工業のサーバに不正アクセス、従業員の個人情報漏えいが判明

  5. 山陰合同銀行の委託先でウイルス感染

  6. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  7. CrowdStrike Blog:民主党全国委員会のハッキング事件に対するCrowdStrikeの対応 ー その記録

  8. 支払額倍増の場合も ~ オラクルが Fortune 200 へ Java ライセンスに関する監査書送付を開始

  9. [特別連載] スティーブン・ポール・ジョブズの人生と時代 第1部 第1回

  10. 役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×