仏語話者の犯罪集団 15カ国の銀行から40億円強奪、カスタムマルウェア使わずオープンソースと無料ツールだけの手際 | ScanNetSecurity
2024.07.15(月)

仏語話者の犯罪集団 15カ国の銀行から40億円強奪、カスタムマルウェア使わずオープンソースと無料ツールだけの手際

 セキュリティ専門調査会社によると、フランス語を話す犯罪集団(コードネーム:OPERA1ER)は、アフリカ、アジア、ラテンアメリカの通信業者や銀行などに対して 30 以上のサイバー攻撃を行い、4 年間で 最大 3,000 万ドルを盗み出したといわれている。

国際
仏語話者の犯罪集団 15カ国の銀行から40億円強奪、カスタムマルウェア使わずオープンソースと無料ツールだけの手際

 セキュリティ専門調査会社によると、フランス語を話す犯罪集団(コードネーム:OPERA1ER)は、アフリカ、アジア、ラテンアメリカの通信業者や銀行などに対して 30 以上のサイバー攻撃を行い、4 年間で 最大 3,000 万ドル(編集部註:約 40 億円)を盗み出したといわれている。

 フランスの通信会社 Orange の CERTコーディネーションセンターと連携した Group-IB の脅威インテリジェンスチームによると、犯罪集団は、被害企業のスタッフを騙して、バックドアマルウェア、キーロガー、パスワードスティーラーを実行させる標的型メールを送信するところから始めている。侵入者は、これらの不正ソフトウェアから盗んだ認証情報を使って、ネットワーク上の Windowsドメインコントローラや、金融機関がトランザクションの詳細を相互に送受信するために使用する SWIFT メッセージング クライアントなどの銀行のバックエンドアプリケーションの管理者レベルの認証情報を取得する。

 最初の侵入の後、オペレーターはステルスかつ円滑に歩を進め、Cobalt Strike や Metasploit などのツールを使って持続性を維持し、3ヶ月から 12ヶ月間ネットワーク上にとどまり、ユーザーのお金を口座間で巧妙に移動、最終的には ATM から現金を引き出す手口を働いていると言われている。


《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. 訃報「伝説のハッカー」ケビン・ミトニック氏 59歳

    訃報「伝説のハッカー」ケビン・ミトニック氏 59歳

  2. 日本の警察、Android 用マルウェア配布でポーカープレイヤーの IT 社長を逮捕~そのアプリは「救いようのない間抜け」をターゲットにしていた(The Register)

    日本の警察、Android 用マルウェア配布でポーカープレイヤーの IT 社長を逮捕~そのアプリは「救いようのない間抜け」をターゲットにしていた(The Register)

  3. TripAdvisor のサイトでデータ侵害、80 万人のユーザーのカードデータが漏洩した可能性も~Viator「来た、見た、盗まれた」(The Register)

    TripAdvisor のサイトでデータ侵害、80 万人のユーザーのカードデータが漏洩した可能性も~Viator「来た、見た、盗まれた」(The Register)

  4. ウクライナの違法な仮想通貨のマイニング工場を摘発、PS4など3,800台のゲーム機を押収

  5. 範を示す ~ MITRE がサイバー攻撃被害公表

  6. 裁判官が法廷でベイズ統計の使用を制限~テリー・プラチェット効果に判事が立腹(The Register)

  7. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  8. バイデン大統領、予算教書で CISA の資金を 30 億ドルに増額 ~ さらに医療サイバーセキュリティに約 15 億ドル要求

  9. 役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

  10. 中国のウイルスセンターが公的なセキュリティを保護〜China’s Virus Center Protects Public Security〜

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×