ローコード開発におけるセキュリティ検討ポイント | ScanNetSecurity
2022.12.10(土)

ローコード開発におけるセキュリティ検討ポイント

 日本電気株式会社(NEC)は10月28日、ローコード開発におけるセキュリティ検討ポイントについて同社ブログで発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 日本電気株式会社(NEC)は10月28日、ローコード開発におけるセキュリティ検討ポイントについて同社ブログで発表した。

 ローコードでは、ベンダーが提供するプラットフォームについてはベンダー側でセキュリティ対策が行われているが、その上に実装するアプリケーションや利用するデータはユーザーの責任範囲となり、情報資産の機密性や完全性、可用性を維持するという基本的なセキュリティの考え方は同じだが、ローコード開発の特性を加味した検討が必要と指摘している。

 NECのセキュリティ技術センターでは、社内で利用するセキュリティ関連のWebシステムを置き換えるプロジェクトにて、ローコード開発を取り入れ、その際に下記について検討を行っている。同ブログではどのように検討を進めたか説明している。

・取り扱う情報の特定とプラットフォームの認証の確認
・ローコード開発の支援体制
・カスタマイズを抑えて開発できるか

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×