CrowdStrike、クラウド環境内の高度な脅威を検知するスタンドアロン型 脅威ハンティングサービスを発表 | ScanNetSecurity
2022.10.06(木)

CrowdStrike、クラウド環境内の高度な脅威を検知するスタンドアロン型 脅威ハンティングサービスを発表

 クラウドストライク株式会社は7月27日、クラウド環境内で発生、活動、潜伏する高度な脅威を検知するスタンドアロン型 脅威ハンティングサービス「Falcon OverWatch Cloud Threat Hunting」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 クラウドストライク株式会社は7月27日、クラウド環境内で発生、活動、潜伏する高度な脅威を検知するスタンドアロン型 脅威ハンティングサービス「Falcon OverWatch Cloud Threat Hunting」を発表した。

 クラウドコントロール プレーンに関する IoA(攻撃の痕跡)と詳細な攻撃手口に関する情報を有する OverWatch Cloud Threat Hunting では、クラウド環境を可視化し、極めて巧妙なクラウド脅威を観察し妨害を可能とする。

 Falcon OverWatch Cloud Threat Hunting は 24時間365日体制で稼働し、インシデントや侵害を防止するとともに、下記のクラウドベースの攻撃に対しプロアクティブにアラートを発信する。

・Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud Platform(GCP)、Microsoft Azure 等のクラウドサービスプロバイダのクラウドインフラ内で進行中の攻撃活動

・本番環境のクラウドワークロードやコンテナを悪用・侵害する巧妙なハンズオンキーボード攻撃活動やゼロデイ脅威

・コントロールプレーンやサーバレスの脆弱性、設定ミス、アプリケーションの動作異常、コンテナエスケープ、権限昇格、ノードの侵害等のクラウドベースの IoA

・従来のIT資産を利用して最初の侵入口を確保したのち、クラウド内のアプリケーション、システム、データを狙う攻撃経路

 Falcon OverWatch Cloud Threat Hunting は日本でもグローバルと同時に提供開始となり、環境や組織に合わせて既存の Falcon OverWatch と選択できる。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×