日本シーサート協議会、「PSIRT 成熟度ドキュメント」日本語版公開 | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

日本シーサート協議会、「PSIRT 成熟度ドキュメント」日本語版公開

 一般社団法人日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会(日本シーサート協議会)は7月13日、「PSIRT Maturity Document」の日本語版を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 一般社団法人日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会(日本シーサート協議会)は7月13日、「PSIRT Maturity Document」の日本語版を公開した。

 公開されるのは、FIRSTの製品セキュリティコミュニティによってまとめられた「製品セキュリティインシデント対応チーム(Product Security Incident Response Team、PSIRT)成熟度ドキュメント 運用能力と成熟度レベル」の日本語訳で、PSIRTが成熟度レベル毎に選択する一連のユースケースとサービスの概要を紹介している。

 なお本ドキュメントでは、チームが管理できる脆弱性とインシデントの数「キャパシティ」や、チームがどのように機能を統制し、文書化し、実行し、測定しているかを示すSIM3などの成熟度モデルについては扱っていない。

 本ドキュメントは28ページのPDFで構成され、FIRST(Forum of Incident Response and Security Teams)のWebサイトからダウンロードできる。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×