CrowdStrike 初の日本人レッドチームクルー登壇、攻撃者視点の AD 侵害解説 | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

CrowdStrike 初の日本人レッドチームクルー登壇、攻撃者視点の AD 侵害解説

 クラウドストライク株式会社は7月、「クラウドストライクサービス ウェビナー ACTIVE DIRECTORYの侵害につながる問題点/クラウドストライクのMDR」を7月22日に開催すると発表した。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

 クラウドストライク株式会社は7月、「クラウドストライクサービス ウェビナー ACTIVE DIRECTORYの侵害につながる問題点/クラウドストライクのMDR」を7月22日に開催すると発表した。

 CrowdStrike Servicesでは、インシデント対応やテクニカルアセスメント、トレーニング、アドバイザリーサービスの提供を通じて、顧客の脅威に対する防御の準備や攻撃への対応、管理の強化をサポートしているが、本ウェビナーでは下記2つのトピックスについて解説する。

・セッション1 Active Directoryの侵害~攻撃者の視点から
 国内およびグローバルにレッドチーム演習を提供する、同社レッドチームの初の日本人クルーであるコンサルタント白石三晃氏が、多数の組織・企業に実施したサイバー攻撃シミュレーションの経験に基づき、ADの侵害につながる問題点や対処法を紹介する。

・セッション2 攻撃を最終ラインで防衛するCrowdStrikeのMDRサービス
 エンドポイントの防御では、EDR製品力だけではなくアイディンティティ管理も含めた運用プロセスの確立と人的リソースの確保、技術力向上が組織の課題となっているが、本課題を解決できるCrowdStrikeのMDRサービスを紹介する。

・概要
日時:2022年7月22日午後4時~5時15分
形式:ウェビナー
申込URL:https://go.crowdstrike.com/services-072022-jp.html

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×