公安調査庁「国際テロリズム要覧2022」、テロ組織の暗号資産活用や重要インフラへのサイバー攻撃 ほか | ScanNetSecurity
2022.08.18(木)

公安調査庁「国際テロリズム要覧2022」、テロ組織の暗号資産活用や重要インフラへのサイバー攻撃 ほか

 公安調査庁は6月28日、「国際テロリズム要覧2022」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 公安調査庁は6月28日、「国際テロリズム要覧2022」を公開した。

 同庁では国際テロリズムの潮流と各種組織の実態を把握し、整理するために、1993年から「国際テロリズム要覧」を発刊しており、「国際テロリズム要覧2022」では、主に2022年1月までのテロ事案やテロ組織の動向に関する国内外の報道、国際機関、諸外国の政府・研究機関等が発表した資料等の公開情報を整理し、取りまとめている。

 同資料では、即時性、匿名性等に特徴がある暗号資産について、テロ組織等による暗号資産の主な利用事例を掲載し、注意を要すると指摘している。

 またサイバー空間を巡るテロの脅威として、イスラム過激組織との関連が疑われる個人等による主なサイバー攻撃事案を掲載、「アルカイダ」が、機関誌「ワン・ウンマ」英語版第2号(2020年6月)で、サイバー空間での「ジハード」を「E-Jihad」と位置付けた上で、金融機関、航空システム等の重要インフラに対するサイバー攻撃を呼び掛けたことを紹介している。

 同資料は462ページのPDFで構成されWebからダウンロード可能。今後はオンラインで読みやすいよう再編集したページ「国際テロリズム要覧2022」を掲載予定。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×