ギリシャで開催されたサイバーセキュリティ競技世界大会、日本含むアジアチームが準優勝飾る | ScanNetSecurity
2023.06.03(土)

ギリシャで開催されたサイバーセキュリティ競技世界大会、日本含むアジアチームが準優勝飾る

ギリシャのアテネで、26 歳以下の技術者を対象にしたサイバーセキュリティ競技大会が開催され、日本を含むアジア地域 8 カ国の代表選手 15 名で構成される「ACSC Team」が総合順位で準優勝した。

国際 海外情報

 6 月 14 から 17 日、ギリシャのアテネで、26 歳以下の技術者を対象にしたサイバーセキュリティ競技大会が開催され、アジア地域 8 カ国(日本・韓国・台湾・シンガポール・マレーシア・タイ・ベトナム・インド)の代表選手 15 名で構成される「ACSC Team」が総合順位で準優勝した。

 サイバーセキュリティ競技大会の名称は「ICC(International Cybersecurity Challenge)」で、今回が第 1 回目の開催となる。欧州ネットワーク情報セキュリティ機関(ENISA:European Union Agency for Cybersecurity)が発起人となり、ヨーロッパ、アメリカ合衆国、カナダ、オセアニア、ラテンアメリカ、アフリカの 7 つの国または地域の代表で構成された ICC 実行委員会が主催した。

 ENISA は過去数年間、EU 圏内でホスト国を交代しながら CTF 大会を毎年開催していたが、それを地球規模の大会にしてはどうかと ENISA 内で企画が出された。すなわち地球をいくつかの領域に分け、その領域の選抜チームが出場するチャンピオンシップ大会である。

 ICC 2022 の開催準備や日本チームの編成等多方面に尽力した、セキュリティ・キャンプ国際連携 WG リーダー 篠田佳奈氏によれば「アジアチームは 6 月 12 日に現地入りし、事前トレーニングを行うことができない状態で競技に臨んだが、チームメンバー同士素晴らしい共助を見せた(篠田氏)」という。

 ACSC Teamは、初日の競技で 2 位、2日目の競技で 1 位、総合順位で準優勝を飾った。最終スコアは下記の通り。

ICC 2022
(凡例:順位 国・地域/スコア)
 1 位 ヨーロッパ/12,961
 2 位 アジア/10,724
 3 位 合衆国/7,765
 4 位 オセアニア/7,447
 5 位 カナダ/3,643
 6 位 ラテンアメリカ/1,722
 7 位 アフリカ/981

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×