人手不足理由のお断りゼロを目指す脆弱性診断開始、AIとマニュアル診断組み合わせ | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

人手不足理由のお断りゼロを目指す脆弱性診断開始、AIとマニュアル診断組み合わせ

 株式会社アクシスは6月9日、AI(機械学習)診断とマニュアル診断を組み合わせたハイブリッド型脆弱性診断サービスの提供を同日から開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社アクシスは6月9日、AI(機械学習)診断とマニュアル診断を組み合わせたハイブリッド型脆弱性診断サービスの提供を同日から開始すると発表した。

 「ハイブリッド型脆弱性診断サービス」は、企業のサーバにサイバー事故に繋がりうる脆弱性の有無を診断し発見するセキュリティソリューションで、従来型のツールのみで行う診断だけでなく、セキュリティアナリストによる診断も行う。同サービスでは、インターネットに公開しているサーバだけでなく社内サーバも診断を行い、脆弱性を検知・発見する。

 同サービスは1診断あたり10万円からの提供で、最短2週間での診断を実現、また同社では、人が足りないという理由の診断お断り「ゼロ」を目指すとのこと。

《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×