ランサムウェア「Yanluowang」暗号化アルゴリズムに脆弱性、カスペルスキーが復号ツールをリリース | ScanNetSecurity
2024.04.16(火)

ランサムウェア「Yanluowang」暗号化アルゴリズムに脆弱性、カスペルスキーが復号ツールをリリース

 株式会社カスペルスキーは4月27日、ランサムウェア「Yanluowang」の感染に対応する復号ツールのリリースを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社カスペルスキーは4月27日、ランサムウェア「Yanluowang」の感染に対応する復号ツールのリリースを発表した。

 2021年10月に発見された標的型のランサムウェア「Yanluowang」は、主に米国やトルコ、ブラジルの大企業に感染を試み、サイバー犯罪者側のオペレーターが主に手動で感染先コンピュータのファイルを暗号化し、ファイル拡張子を「.Yanluowang」に変更する。ランサムノート(身代金を要求する通知)に、被害者が警察に通報すれば、感染したコンピュータの全ファイルを削除し、その後もDDoS攻撃とその企業の従業員のコンピュータをランサムウェアに感染させ、企業全体を攻撃すると脅迫してくる。

 Kasperskyの脅威調査チームが Yanluowang を解析したところ、ファイルを暗号化するアルゴリズムに脆弱性を発見し、暗号化されたファイルを復号するツールの作成に成功した。復号には少なくとも一つの暗号化される前のファイルと、同社が用意した復号ツールを使用する必要があり、条件に応じて暗号化されたファイル類を独自に復号することができる。

 「Yanluowang」復号ツールは、Kasperskyがランサムウェアの脅威を阻止するために立ち上げたプロジェクト「No Ransom」Webサイトから無料でダウンロードできる。

「No Ransom」WebサイトURL:
https://noransom.kaspersky.com/

《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×