「CoD:ヴァンガード」非公式大会で参加者がチート行為、ストリーミングが裏目に | ScanNetSecurity
2022.10.05(水)

「CoD:ヴァンガード」非公式大会で参加者がチート行為、ストリーミングが裏目に

行為の代償はチームメイトにも…。

製品・サービス・業界動向 業界動向

アクティビジョンの対戦FPS『コール オブ デューティ ヴァンガード(CoD:ヴァンガード)』非公式大会にて、参加者の一人がチート行為を自分のカメラに残してしまうハプニングが起きました。

先週、トーナメントプラットフォーム「Checkmate Gaming」は、『CoD: ヴァンガード』の大会を開催。2vs2の試合にてKenji選手とそのチームメイトが勝利を収めました。しかし、対戦相手だったImSasukee選手とiLuhvly選手は、Kenji選手のプレイを不審に思い大会運営に相談したようです。

当時のストリーミングの様子(壁越しの対戦相手が長方形のボックスで表示されている)

「Checkmate Gaming」がKenji選手のストリーミング(現在削除済み)を確認したところ、壁越しに対戦相手の位置を把握する「ウォールハック」というチートの使用が発覚しました。その結果、彼は大会や所属していた「College CoD League」から追放され、チームメイトは失格との措置が取られたことが発表されています。

本ストリーミングはKenji選手がチーターではない、つまり自分の実力を証明するために放送していたものですが、裏目に出ることとなってしまいました。『CoD』シリーズでは1月にアクティビジョンがチート配布サイトを起訴し、2月には対策システムの進捗が報じられましたが、利用者は大会といった表舞台にも依然として存在するようです。

なお、本作『CoD:ヴァンガード』では現地時間3月30日から4月13日までフリーアクセスを実施中です。


『CoD: ヴァンガード』プレイヤーが不正行為で大会追放―実力証明用の配信が逆にチートを証明してしまう

《ケシノ》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×