セキュアブレイン、ブラウザ上でJavaScriptの改ざんをリアルタイム検知する新技術で特許 | ScanNetSecurity
2024.06.16(日)

セキュアブレイン、ブラウザ上でJavaScriptの改ざんをリアルタイム検知する新技術で特許

 株式会社セキュアブレインは3月2日、ブラウザ上でのJavaScriptの改ざんをリアルタイムに検知し、Webアプリケーションをネット犯罪から守る技術「SecureBrain WTD(Web Tamper Detector)」を開発し、特許を取得したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社セキュアブレインは3月2日、ブラウザ上でのJavaScriptの改ざんをリアルタイムに検知し、Webアプリケーションをネット犯罪から守る技術「SecureBrain WTD(Web Tamper Detector)」を開発し、特許を取得したと発表した。

 SecureBrain WTDは、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)による委託研究「Web媒介型攻撃対策技術の実用化に向けた研究開発」の研究成果の一部。SecureBrain WTDでは、改ざんを試みるアクセスを精度よく迅速に検知でき、新たな攻撃に対してもサービス利用者の保護が可能となる。

 同社は、SecureBrain WTDを自社開発製品である不正送金対策ソリューション「PhishWall」や不正予兆検知サービス「SecureBrain Scam Radar BD」、Web改ざん対策「GRED Web改ざんチェック Cloud」、Webサイト自動脆弱性診断サービス「GRED Webセキュリティ診断 Cloud」、Webスキミング対策サービスなどに広く用い、Webサービス事業者に高品質なセキュリティ技術を提供していく。

《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×