Chrome 98 で TLS1.0/1.1 が完全無効化、適切な対策を | ScanNetSecurity
2024.04.20(土)

Chrome 98 で TLS1.0/1.1 が完全無効化、適切な対策を

 フィッシング対策協議会は2月22日、主要ブラウザのセキュリティ強化に対する施策について発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向

 フィッシング対策協議会は2月22日、主要ブラウザのセキュリティ強化に対する施策について発表した。

 インターネット技術特別調査委員会(IETF)では2018年10月に、TLS1.0/1.1を非推奨にしたため、主要ブラウザは2020年に同プロトコルの無効化を発表しており、TLS1.2が有効になっていないWebサーバは主要ブラウザからの接続ができなくなるためWebサーバの設定変更、または最新プロトコルへの対応が可能なWebサーバのバージョンアップなどが必要となる。

 同会ではこれまで、「主要ブラウザの TLS1.0/1.1 無効化」について情報公開していたが、米Googleが現地時間2月1日にリリースしたデスクトップ向け「 Google Chrome 98 」では、TLS1.0/1.1が完全無効化され、TLS1.0/1.1 を利用するWebサーバではエラー画面が表示され、アクセスできなくなった。なお、Microsoft Edge や Mozilla Firefox などの主要ブラウザの最新版でも同様に、完全無効化されている。同会では影響を正しく理解し、適切な対策を推奨している。

 証明書普及促進 WG の主査を務める田上利博氏が所属するサイバートラスト株式会社では2月22日に、同社ブログで通信プロトコル TLS 1.0/1.1 の完全無効化について言及している。

 SSL/TLS の利用状況を継続的に分析、掲載しているQualys, Inc. SSL Labsのレポートによると、2022年1月時点でTLS 1.0/1.1 を使用するWebサイトは、TLS 1.0が39.3%、TLS 1.1が43.0% となっている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×