金融独立国シンガポール、なりすましメールやフィッシング詐欺と総力戦開始 ~ 財務相「損失発生時に顧客と銀行は責任を共有することになる」 | ScanNetSecurity
2024.06.20(木)

金融独立国シンガポール、なりすましメールやフィッシング詐欺と総力戦開始 ~ 財務相「損失発生時に顧客と銀行は責任を共有することになる」

 シンガポールは、フィッシングやなりすまし(スプーフィング)を撲滅するための取り組みを強化すると、関係閣僚たちが火曜日に同国議会で発表した。

国際 TheRegister

 シンガポールは、フィッシングやなりすまし(スプーフィング)を撲滅するための取り組みを強化すると、関係閣僚たちが火曜日に同国議会で発表した。

 最近、ネットからの攻撃や詐欺(スキャム)の事例が急増していることから、この話題は閣僚間で注目された。その代表的な例が、東南アジア第 2 位の銀行であるオーバーシー・チャイニーズ銀行(OCBC)に対する攻撃だ。OCBC銀行の詐欺事件では、ローレンス・ウォン財務相が、シンガポールで起こった「これまでで最も深刻なフィッシング詐欺」と称したように、脅威アクター(企業や組織に脅威を与える役者)となる人物がテキストメッセージを偽装して 790 人の顧客から合計 1,370 万シンガポールドル(約 1,020 万米ドル)を盗み出している。


《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×