「LogStare Collector」新バージョン2.2リリース、Microsoft 365のログ収集に対応 | ScanNetSecurity
2024.04.19(金)

「LogStare Collector」新バージョン2.2リリース、Microsoft 365のログ収集に対応

 株式会社LogStareは2月15日、セキュリティ運用ソフトウェア「LogStare Collector」の新バージョンとなる2.2の販売・提供を2月14日から開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社LogStareは2月15日、セキュリティ運用ソフトウェア「LogStare Collector」の新バージョンとなる2.2の販売・提供を2月14日から開始したと発表した。

 「LogStare Collector」は同社が親会社である株式会社セキュアヴェイルから開発を引き継いだ、純国産のセキュリティ運用ソフトウェアで、ITインフラの死活監視や性能監視、ログ管理をワンパッケージで実現、ネットワーク機器やサーバなどの社内システムの可視化や障害監視、ログ収集の自動化を最低限の設備で実現する。

 今回リリースしたバージョン2.2では、Microsoft 365のログ収集に対応し、SharePointやTeamsなどMicrosoft 365アプリケーションを用いたファイル操作ログや管理者操作ログなどの収集と分析ができ、セキュリティリスクの早期発見やアプリケーションの利用実態の把握と適切な利用指導が可能となる。

 バージョン2.2では多くのネットワークインテグレーターから要望のあったネットワーク警告灯との連携機能を実装し、サーバーやネットワーク機器の異常をLogStare Collectorが検知すると警告灯が点灯しシステム障害を物理的に可視化する。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×