Have I Been Pwned が法執行機関からの漏えいパスワード大量アップロード受付中、NCA や FBI が利用 | ScanNetSecurity
2024.05.23(木)

Have I Been Pwned が法執行機関からの漏えいパスワード大量アップロード受付中、NCA や FBI が利用

 英国の国家犯罪対策庁(NCA)とその傘下の国家サイバー犯罪部門(NCCU)が、膨大な数の盗まれたパスワードを発見した。

国際
Have I Been Pwned が法執行機関からの漏えいパスワード大量アップロード受付中、NCA や FBI が利用

 英国の国家犯罪対策庁(NCA)とその傘下の国家サイバー犯罪部門(NCCU)が、膨大な数の盗まれたパスワードを発見した。

 昨日(編集部註:2021/12/20)、Have I Been Pwned(HIBP)で有名なトロイ・ハント氏が、NCA からそれらのパスワードの引き渡しを受けたことを発表した。同氏のサービスでは、盗まれたパスワードをだれでも安全に検索して、認証情報が漏えいしているかどうかをチェックできる。


《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. アメリカでは「祖父母詐欺」

    アメリカでは「祖父母詐欺」

  2. 範を示す ~ MITRE がサイバー攻撃被害公表

    範を示す ~ MITRE がサイバー攻撃被害公表

  3. 訃報「伝説のハッカー」ケビン・ミトニック氏 59歳

    訃報「伝説のハッカー」ケビン・ミトニック氏 59歳

  4. XiRCON IRCクライアントがクラッシュする可能性

  5. 「人生」の記録をデータベース化する実験「LifeLog」がスタート

  6. ランサムウェア感染を隠蔽したソフトウェア企業の末路

  7. 「営利企業でなくボランティアに製造物責任負わす」Python 責任者異議

  8. 研究:海賊版をダウンロードしたら3時間でリスト入りすると思え〜シーダーとフィーダーに悪いニュース(The Register)

  9. スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

  10. ロボット三原則、銀河帝国の興亡 ~ 生誕100年 アイザック・アシモフの残した今も生きる警鐘(The Register)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×