法人向けセキュリティ市場予測、2027年1兆3,000億円 | ScanNetSecurity
2022.01.17(月)

法人向けセキュリティ市場予測、2027年1兆3,000億円

 株式会社野村総合研究所は12月17日、2027年度までのICT(情報通信技術)とメディアに関連するデバイス、ネットワーク、コンテンツ配信、xTech(B2C)、xTech(B2B)の主要5市場を取り上げ、国内市場における動向分析と市場規模の予測結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 株式会社野村総合研究所は12月17日、2027年度までのICT(情報通信技術)とメディアに関連するデバイス、ネットワーク、コンテンツ配信、xTech(B2C)、xTech(B2B)の主要5市場を取り上げ、国内市場における動向分析と市場規模の予測結果を発表した。

 同調査によると、デバイス市場では5G端末の普及について、各携帯電話会社のサービス提供エリアの拡大が進んでいる点とiPhoneの5G対応等によって、2024年度には国内の5G端末は約2,740万台まで拡大すると予測している。

 ネットワーク市場については、法人向けセキュリティ市場では、DXへの取り組みに加え、新型コロナウイルス感染拡大に伴うテレワークやWeb会議、クラウドサービスの利用増がセキュリティ対策の充実と強化を後押しし、2027年には約1兆2,770億円に成長すると予測している。

 コンテンツ配信については、インターネット上で出稿と広告枠のマッチングを行うAdTechの活用が進む一方で、個人情報の問題が表面化し、Cookieレス時代に向けてマス広告やオウンドメディアも合わせた横断的なマネジメントが必要となると予測している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×