イエラエセキュリティのエンジニアがヤマハ製ルーターの脆弱性を報告 | ScanNetSecurity
2022.01.22(土)

イエラエセキュリティのエンジニアがヤマハ製ルーターの脆弱性を報告

 株式会社イエラエセキュリティは12月7日、同社オフェンシブセキュリティ部所属のエンジニア馬場将次氏が報告した脆弱性がJVNに公開されたと発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

 株式会社イエラエセキュリティは12月7日、同社オフェンシブセキュリティ部所属のエンジニア馬場将次氏が報告した脆弱性がJVNに公開されたと発表した。

 同氏が報告したのは、ヤマハ製のルーターにおけるクロスサイトスクリプトインクルージョン(CVE-2021-20843)、HTTPレスポンスヘッダインジェクション(CVE-2021-20844)の脆弱性について。

 想定される影響としては、当該製品のWeb GUIにログインした状態のユーザーが攻撃者の作成した罠ページにアクセスすることで、製品の設定情報が変更される(CVE-2021-20843、CVE-2021-20844)、機微な情報を窃取される(CVE-2021-20844)可能性がある。

 JVNは対策バージョンの適用を呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×