米司法省 イラン人ハッカー起訴/中国データセキュリティ規則案公布/脅威インテリジェンスに関わる者が念頭に置くこと 他 [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary] | ScanNetSecurity
2022.01.22(土)

米司法省 イラン人ハッカー起訴/中国データセキュリティ規則案公布/脅威インテリジェンスに関わる者が念頭に置くこと 他 [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

11 月は、中国の APT グループによるものとみられるサイバー活動が ASEAN 地域や日本国内で観測されています。南シナ海情勢に関連した動きとみられ、主に安全保障に関連した諜報活動の一環とみられます。

脆弱性と脅威

編集部おすすめの記事

特集

Scan PREMIUM Monthly Executive Summary

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. スマホアプリ「ホットペッパーグルメ」にアクセス制限不備の脆弱性

    スマホアプリ「ホットペッパーグルメ」にアクセス制限不備の脆弱性

  2. 『タイタンフォール2』がハッキング被害、一時的に全サーバでプレイ不可に

    『タイタンフォール2』がハッキング被害、一時的に全サーバでプレイ不可に

  3. JIPDEC「Pマーク取得企業がランサムウェア被害にあったら必ず報告書提出」

    JIPDEC「Pマーク取得企業がランサムウェア被害にあったら必ず報告書提出」

  4. Apache Log4j RCE 脆弱性、NTTデータ先端技術が検証報告

  5. 4 月 1 日から文部科学省の Web サイトが見られなくなる? ブラウザにおける TLS1.0 / TLS1.1 の廃止

  6. マイクロソフトが1月のセキュリティ情報公開、CVSS スコア Base スコアが9.8の脆弱性も含む

  7. 楽天の注文確認を装うフィッシング、入力後にマルウェアサイトへ誘導(フィッシング対策協議会)

  8. CrowdStrike Blog:SMTPの悪用に対抗するためのクラウド強化

  9. パスワードマネージャー「ミルパス」PW10 / PW20 に機微な情報を暗号化していない脆弱性

  10. ラベルプリンター「テプラ」PRO SR5900P / SR-R7900P に認証情報の不十分な保護の脆弱性

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×