文部科学省でも来年1月4日からPPAP廃止、今後はBoxで添付ファイルをやり取り | ScanNetSecurity
2022.01.21(金)

文部科学省でも来年1月4日からPPAP廃止、今後はBoxで添付ファイルをやり取り

文部科学省は12月1日、今後の添付ファイル付きメールの運用について発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 文部科学省は12月1日、今後の添付ファイル付きメールの運用について発表した。

 同省では2022年1月4日以降、全てのメール送受信でファイル添付する際にクラウドストレージサービスBoxに添付ファイルを自動保存し、送信先からダウンロードする仕組みを導入する。

 同省によると、セキュリティ上の観点から疑問視されているパスワード付きZIPファイルの添付(PPAP)により、Emotetなどのマルウェアがセキュリティチェックを潜り抜け、感染させるなどの事案を踏まえ、セキュリティ強化策として導入するという。

 同省では、同省とメール送受信を行う機関等に対し、事前にBoxへ接続が可能か確認するよう依頼している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×