ユーロポール「Operation In Our Sites」、オンライン詐欺師12名を逮捕 | ScanNetSecurity
2022.01.29(土)

ユーロポール「Operation In Our Sites」、オンライン詐欺師12名を逮捕

Europol(欧州刑事警察機構)は現地時間11月29日、オンライン詐欺師12名の逮捕を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 Europol(欧州刑事警察機構)は現地時間11月29日、オンライン詐欺師12名の逮捕を発表した。

 Europolによると、5月1日から11月14日まで「Operation In Our Sites」を実施し、12人の容疑者を逮捕し、260万ユーロ相当の偽造品と460,468ユーロ相当の現金を押収した。「Operation In Our Sites」は2014年に開始され年々参加者が増加、今回は12回目の実施となる。本作戦では、特に偽造品を提供しオンライン海賊行為に関与しているWebサイトを対象としている。

 本作戦には今回、30か国の法執行機関が参加し、Europolの知的財産権犯罪対策連合(IPC3)、ユーロジャスト、インターポールが支援した。IPC3はEUIPO(欧州連合知的財産局)との共同出資で知的財産権犯罪に対処するために設立された。本作戦に参加した国はアルバニア、ベルギー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア、カナダ、コロンビア、コスタリカ、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ジョージア、ギリシャ、香港・中国、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、マルタ、モルドバ、モンテネグロ、オランダ、北マケドニア、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、セルビア、スペイン、ウクライナ、アメリカ合衆国となっている。

 本作戦の結果、下記の成果があった。

・容疑者12名を逮捕
・260万ユーロ相当の模倣品を押収
・押収された現金の総額460,468ユーロ
・494,516のWebサイトを削除
・48件の刑事事件が発生

 また、下記を押収している。

・42,055個の偽造品(靴、衣類、複数のアクセサリー)
・181,445箱の偽造医療品
・オンライン・オークション・サイトで販売されていた偽の美術品11点
・自動車37台、オートバイ1台

 またイタリアの法執行機関が主導し、英国とユーロポールが支援する「Carding Action 2021」では、「カードショップ」と呼ばれる盗まれたクレジットカード情報を販売するWebサイトやダークウェブ・マーケットプレイスでカード情報を売買する詐欺師を対象に、3ヶ月間の活動で12の業者を特定し、49,761件の盗難カードデータを分析した。防止できた被害総額は1,400万ユーロと推定される。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×