LINEのストーリー機能に一部情報が閲覧可能な不具合、バグバウンティプログラムで発見 | ScanNetSecurity
2024.02.27(火)

LINEのストーリー機能に一部情報が閲覧可能な不具合、バグバウンティプログラムで発見

LINE株式会社は11月11日、LINEのストーリー機能に関する不具合について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 LINE株式会社は11月11日、LINEのストーリー機能に関する不具合について発表した。

 これは2021年7月20日午前10時53分から10月10日午後8時35分までの期間、LINEのストーリー機能の脆弱性により、第三者が特定のユーザーから閲覧可能なストーリーの作成時刻、ストーリーの作成者の識別情報、特定のユーザーの一部の友だちリストを閲覧できる不具合があったというもので、LINE Security Bug Bounty Programを通じて確認した。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×