IIJ は2022年1月26日に送受信ともにPPAP廃止、ファイルをフィルタで削除 | ScanNetSecurity
2021.12.02(木)

IIJ は2022年1月26日に送受信ともにPPAP廃止、ファイルをフィルタで削除

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は11月、PPAPに対する同社運用の変更について発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は11月、PPAPに対する同社運用の変更について発表した。

 同社では、メールにファイルを添付して送信する際にパスワード付きのzipファイルと、そのパスワードを別送する手順で行われている情報セキュリティ対策手法、いわゆる「PPAP」について、2022年1月26日より同社外からIIJアドレスへのメール送信に対し、パスワード付きzipファイルをフィルタで削除し、メール本文のみ受信するよう変更する。同社ではまた、IIJから社外へパスワード付きファイルを添付し送信する場合にても、順次別の手段へ変更するという。

 「PPAP」は、日本で多く見られる情報セキュリティ対策の一つだが、効果が薄いだけでなく、ウィルススキャンをすり抜けてしまうことから、米国のサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁でもブロックが推奨されている。

 同社では今後、ファイル共有のための別の手段を用意し移行予定で、その利用については、顧客や取引先に個別に連絡を行う。
《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×