ガートナー「日本におけるセキュリティ(アプリ、データ、プライバシー)のハイプ・サイクル:2021年」発表 | ScanNetSecurity
2021.12.02(木)

ガートナー「日本におけるセキュリティ(アプリ、データ、プライバシー)のハイプ・サイクル:2021年」発表

ガートナージャパン株式会社は11月9日、「日本におけるセキュリティ(アプリ、データ、プライバシー)のハイプ・サイクル:2021年」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 ガートナージャパン株式会社は11月9日、「日本におけるセキュリティ(アプリ、データ、プライバシー)のハイプ・サイクル:2021年」を発表した。

 ガートナーは、急速に進行するデジタル・トレンドと法規制の整備を背景に、企業にとってアプリケーションやデータ・セキュリティとプライバシーへの対応がますます重要になるとし、本ハイプ・サイクルでは、セキュリティの中でも特にその3点の領域から、ITリーダーやセキュリティ・リーダーが注目すべきテクノロジや手法、概念を取り上げている。

 ガートナーは2021年版の本ハイプ・サイクルで、プライバシー強化コンピュテーション(PEC)、クラウド・ネイティブ・アプリケーション保護プラットフォーム(CNAPP)、クラウド・ネイティブDLP(Data Loss Prevention)を新規で取り上げ、PECについては2025年までに大規模組織の60%が信頼できない環境やマルチパーティのデータ分析のユースケースでデータを処理するためにPECを採用するようになると予測している。

 ガートナーのアナリストでバイスプレジデントの礒田優一氏は「IT/セキュリティのリーダーは、本ハイプ・サイクルを参考にアプリケーション/データのセキュリティおよびプライバシー領域における全体のトレンドを把握して、リテラシーの底上げを図るとともに、自社における議論の成熟度を高め、コンプライアンスの『先』に進むことが必要です」とコメントしている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×