サイバーセキュリティクラウド、WAF自動運用サービスを米国展開 | ScanNetSecurity
2022.12.04(日)

サイバーセキュリティクラウド、WAF自動運用サービスを米国展開

株式会社サイバーセキュリティクラウドは11月5日、米国で11月4日からWAFの自動運用サービス「WafCharm AWS版」製品版の提供開始を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社サイバーセキュリティクラウドは11月5日、米国で11月4日からWAFの自動運用サービス「WafCharm AWS版」製品版の提供開始を発表した。

 同社の「WafCharm」は、パブリッククラウドで提供される WAFをAIとビックデータで自動運用が可能なサービス。機械学習を用いて最適なWAFルールを自動運用するAIエンジン「WRAO」を搭載し、クラウド型WAF「攻撃遮断くん」で培った累計2.1兆件以上のビックデータを活用することで、顧客毎に最適なルールを自動適用し、専任のセキュリティエンジニアを必要としない。また、サイバー脅威情報監視チーム「Cyhorus」により最新の脅威にもいち早く対応する。

 同社の米国子会社Cyber Security Cloud Inc.がエンジニアを対象としたWAFに関する調査では、全体の72%がWAFの運用に大変負担がかかっていると回答し、全体の94%がWAFの自動運用サービスに関心を持っていることが判明した。同社では、WAFの自動運用サービスを活用で、担当者の運用負荷を大幅に軽減することが可能となるとしている。
《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×