情報セキュリティ大学院大学名誉教授の田中英彦氏が「瑞宝中綬章」受章 | ScanNetSecurity
2021.12.08(水)

情報セキュリティ大学院大学名誉教授の田中英彦氏が「瑞宝中綬章」受章

情報セキュリティ大学院大学は11月4日、同学名誉教授の田中英彦氏が令和3年度秋の叙勲において「瑞宝中綬章」を受章したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報セキュリティ大学院大学は11月4日、同学名誉教授の田中英彦氏が令和3年度秋の叙勲において「瑞宝中綬章」を受章したと発表した。

 田中英彦氏は同学の初代研究科長及び第3代学長で、東京大学大学院工学系研究科電気工学専門課程修了の工学博士。東京大学で計算機アーキテクチャ、並列処理、人工知能、自然言語処理、分散処理、メディア処理などの教育・研究に従事し、東京大学大学院情報理工学系研究科長を務めた。

 その後、2004年4月に情報セキュリティ大学院大学情報セキュリティ研究科長・教授に就任し、2012年から2017年3月末日まで学長を務め、現在は情報セキュリティ大学院大学名誉教授、東京大学名誉教授。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×