JPRS、Windows DNSのリモートでコードが実行される脆弱性について公開 | ScanNetSecurity
2022.11.30(水)

JPRS、Windows DNSのリモートでコードが実行される脆弱性について公開

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は10月15日、Windows DNSの脆弱性情報を公開した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
 株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は10月15日、Windows DNSの脆弱性情報を公開した。

 これは米国時間の10月12日に、Windows DNSにおいて リモートでコードが実行される脆弱性が公開されたことを受けたもの。

 なお、これらの脆弱性を修正したバージョンは既に公開されている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/12~11/30迄 創刊24周年記念価格提供中★★
★★10/12~11/30迄 創刊24周年記念価格提供中★★

2022年10月12日(水)~11月30日(水) の間 ScanNetSecurity 創刊24周年記念価格で提供。

×