「Age of Rust」Steamでのリリース不可に、NFT報酬がガイドライン違反に | ScanNetSecurity
2021.12.02(木)

「Age of Rust」Steamでのリリース不可に、NFT報酬がガイドライン違反に

ブロックチェーンゲーム『Age of Rust』を開発するSpacePirate Gamesが明らかにしました。

製品・サービス・業界動向 業界動向

SpacePirate Gamesは、開発中の『Age of Rust』がSteamにおいてリリース不可になったことをTwitterアカウントにて報告しました。

『Age of Rust』はSci-Fi世界観でパズルを解きながら広大な世界を冒険するストーリードリブンなアクションアドベンチャーであり、パズルの報酬として現実に価値のあるNFTやビットコインを受け取れることが特徴です。NFTの発行にはEnjinプラットフォームを利用しています。


NFTとはNon-Fungible Token(ノンフォンジブル・トークン)の略称で日本語では「非代替性トークン」とも表現されている、代替不可能なデジタル資産のこと。それ自体はビットコインやイーサリアムのように通貨としての役割は果たしませんが、デジタル上で所有権が明確になることから、NFTそのものが価値をもち、マーケットでは高額な取引が行われていることもしばしば報じられています。投機的な話題が先行しがちですが、先述したEnjinのように簡単にゲームにNFTを導入できるサービスも勃興しており、個人クリエイターのみならず大手パブリッシャーなども自社IPのデジタルデータをNFT化する例も増えてきました。

同社のツイートによると、この現実に価値のある物をゲーム内で取り扱うという理由から同作を含む全てのブロックチェーンゲームがSteamにおいてはガイドライン違反となったとのこと。編集部もSteamworksのドキュメントを確認したところ新たに「Applications built on blockchain technology that issue or allow exchange of cryptocurrencies or NFTs.」(暗号通貨やNFTを発行もしくは交換できるブロックチェーン技術に基づいたアプリケーション)がヘイトスピーチやマルウェアなどと並んで公開すべきでないコンテンツとして列挙されています。

続くツイートでは『Age of Rust』が削除されることにがっかりしたとしながらも、ブロックチェーンゲーム全体が対象となる事実はより大きいことであり「皆にとっての後退です」としています。またSteam側の現実に価値のあるアイテムを許可しないという方針には理解を示しつつ、「NFTとブロックチェーンゲームは未来であると信じている」とし、「ゲームのパブリッシュを他の場所で続ける」と付け加えています。

この件に関してEpic Gamesストアを運営するEpic GamesのCEOティム・スウィーニー氏は、海外メディアThe Vergeや自身のTwitterアカウントを通してEpic Gamesストアはブロックチェーンゲームに対して「ウェルカム」だとコメント。条件の明示や年齢によるレーティングなどいくつかの制限はあるものの新しい分野の開発者と協力する用意があるとしました。ただし、同社のゲームに関して暗号通貨の導入はしないとも明言しています。

SteamではNFTなどを活用したゲームは配信NG…Epic Gamesストアは「ウェルカム」としながらも自社タイトルには導入せず

《いわし》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×