自治体がクラウドファンディングサービスを利用、アクセス集中し他人の個人情報を誤表示 | ScanNetSecurity
2024.02.26(月)

自治体がクラウドファンディングサービスを利用、アクセス集中し他人の個人情報を誤表示

山口県は8月31日、県事業の「頑張るお店応援プロジェクト」委託事業者のWebサイトでの個人情報の誤表示について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 山口県は8月31日、県事業の「頑張るお店応援プロジェクト」委託事業者のWebサイトでの個人情報の誤表示について発表した。

 これは8月31日午前9時から、購入型クラウドファンディング「頑張るお店応援プロジェクト」の第2期支援者募集を開始したところ、委託事業者である株式会社KAIKAのWebサイトへアクセスが集中したことによるサーバの不具合で、午前9時30分頃から午前10時までの30分間程度、KAIKAのWebサイト上の「マイページ」に、他人の登録情報が表示される事象が発生したというもの。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×