バグバウンティ運用代行「Bugty」提供開始、ベルギーintigriti社と提携 | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

バグバウンティ運用代行「Bugty」提供開始、ベルギーintigriti社と提携

株式会社スリーシェイクは9月2日、バグバウンティプラットフォームを提供するベルギーintigriti社と提携し、バグバウンティの運用を代行するサービス「Bugty」のリリースを発表した。スリーシェイクによると本サービスは、日本初のバグバウンティ運用代行サービスとなる。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社スリーシェイクは9月2日、バグバウンティプラットフォームを提供するベルギーintigriti社と提携し、バグバウンティの運用を代行するサービス「Bugty」のリリースを発表した。スリーシェイクによると本サービスは、日本初のバグバウンティ運用代行サービスとなる。

 バグバウンティでは複数のバグハンターが多角的、定常的にプログラムやシステムの内部を診断、バグを発見し報告を行うことで、企業は継続的なバグの発見と修正が可能になる。

 バグバウンティプラットフォーム「intigriti」には、世界中に4万人のバグハンターが在籍、同プラットフォームの利用で、リアルタイムでシステムやプログラム診断ができる。

 本サービスではスリーシェイク社のセキュリティエンジニアが、専門的なトリアージや英語でのコミュニケーション等の運用を代行、セキュリティ領域の専門家がいない企業もバグバウンティプログラムの展開が可能となる。
《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×