IIJ、マネージド型ZTNAサービスをアジア圏の日系企業に向け提供 | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

IIJ、マネージド型ZTNAサービスをアジア圏の日系企業に向け提供

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は8月25日、マネージド型のゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)サービス「Safous」を、同日から提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は8月25日、マネージド型のゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)サービス「Safous」を、中国、シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナムにあるIIJグループ現地法人を通じて各拠点国及び周辺国の日系企業及びローカル企業を対象に同日から提供開始すると発表した。

 IIJが新たに開発したSafousは、イスラエルCyolo社との技術提携によりCyolo社のエージェントレス型ZTNA製品を採用、顧客は端末へのエージェントのインストールや、専用のインフラ基盤を用意する必要がなく、短期間で利用開始できる。Safousはマネージドサービスとして、24時間365日の運用監視や障害復旧支援を提供する。

 Safousは、外部から社内ネットワークに直接通信させないアーキテクチャで、許可されたアプリケーションに対して許可された人・物のみがアクセスするため、企業ネットワークを狙った攻撃のリスクを軽減できる。また、顧客のネットワークに設置する専用のアプリケーションゲートウェイで、認証・認可の制御を行い、端末のアプリケーションや場所、デバイスなどの条件に応じて細かくアクセス制御ができ、多要素認証やシングルサインオンなどの認証方法で、端末の認証を強化できる。さらにエージェントレスでデバイスに依存しないため、PC、タブレット、IoT機器などあらゆるデバイスで活用可能。

 Safousの参考価格は、基本料金は 800 USD、1ユーザあたりのアカウント費用は 10 USDとなっている。

 Safousは今後、Webアクセスのセキュリティ機能(SWG:Secure Web Gateway)や、クラウドの利用状況を可視化する機能(CASB:Cloud Access Security Broker)等を順次追加し、統合的なセキュリティ対策サービスとして開発を進める予定。提供エリアについても、2022年までに欧州及び米国へ拡大する。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×